Menu メニュー

浮気男との結婚は幸せになれるのかについてご説明いたします

浮気男との結婚は2つのケースがあります

浮気男の2つのタイプ

イメージフォト01

付き合っているときは真面目で誠実で、自分だけを愛してくれていると思っていたので、よもや浮気をするとは思ってもいなかったのが、結婚した途端に浮気をする浮気男であることが分かったというケースはよくあります。

こうした浮気男には2つのタイプがいて、どちらに該当するかによって、浮気男との結婚は幸せになれるのか、それとも不幸な結婚にしかならないのかが変わってくると言えるでしょう。

まずは、浮気男が2つのタイプに分かれることを知っておくことが、幸せになれるかどうかの第一歩となります。

・浮気男のタイプその1

先にも挙げましたが、付き合っているときには真面目で誠実な人だと思っていたのに、結婚してから浮気を繰り返す浮気男であることが分かったというタイプの浮気男とは、往々にして幸せな結婚にはならないことがしばしばです。

その理由として、結婚する前にはとても浮気をするような人には思えなかったというショックが、妻となった女性に襲ってくるからです。

そのため、あんなに誠実だったのに、裏切られた、騙されたといった思いが女性側に強く残り、遂には離婚に至るケースが多いタイプの浮気男と言えます。

・浮気男のケースその2

付き合っていたときからとにかくモテ男で、浮気が絶えなかったという場合、結婚前から浮気男であることがすでに分かっている男との結婚ですので、妻次第で意外と幸せな家庭にできる可能性があります。

付き合っている時点で浮気男であることはすでに分かっていたのに、それでも結婚に至ったということは、女性側がたとえ浮気をされたとしても、この人が好きという一途な思いを抱いているからです。

モテる男を夫にしたのだから、多少の浮気は仕方がないと割り切り、最後には自分のところに帰ってくるのであれば、外でちょっとばかりつまみ食いをしてきても許そうと思える女性なら、浮気男との結婚でも幸せになれるでしょう。

もちろん、あくまでもつまみ食いの浮気に止め、本気で惚れるのはダメと釘を刺したうえで、浮気も男の甲斐性として公認してあげれば、夫もあくまでも外での浮気は遊びで、妻のところへ帰れるという思いが安心感になっていることはよくあります。

モテ男の浮気男は、寂しがり屋が多いため、寂しさから浮気を繰り返すにもかかわらず、結婚すると妻に濡れ落ち葉ということが多いのです。

そのため、浮気相手と本気になったり、子供を作ったりしないことを条件に妻から浮気を認めてあげることによって、最終的には妻の元へ帰ってくるタイプなのです。

浮気男と幸せな結婚生活をするには、ひとえに妻がいかに手のひらで上手く転がすかにかかっています。

浮気男と先に分かって結婚するほうが幸せになれる

結論から言えば、浮気男と分かっていながらも結婚した場合のほうが、女性は妻として幸せになれる可能性が高いでしょう。

浮気をすることは最初から分かっていますので、多少腹は立つものの、自分のところに戻ってくるならそれで良しと思えるからです。

また、こうした妻公認の浮気男の多くは浮気をするものの、実は妻が一番と思っているのを妻が知っていることで結婚生活を上手くいかせる要因となります。

まさか浮気をするとは思いもしなかった、浮気をしていることがバレないように必死に嘘をついているといった夫のほうが、妻には腹立たしく、やりきれない思いがするでしょう。

そうなると、浮気男だと分かった時点で早めに離婚したほうが、幸せになれない結婚にしがみついているよりも女性側にとって良いリスタートになります。

浮気男との結婚は、女性側が惚れてしまっており、自分との結婚生活を壊さないのなら浮気をしても許せると考えられる女性なら、幸せになれる可能性は意外とあると言えそうです。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473