Menu メニュー

浮気調査なら探偵・興信所レディース

探偵調査の料金・費用についてご説明いたします。

探偵調査料金・費用

イメージフォト01

今はWEBサイトに「調査料金表」を掲載している探偵・興信所も多いですので、調査料金表をみれば費用を把握できるケースもあります。

しかし、必ずしも親切な料金表とはなっておらず、中には実際にかかる費用をわざとわかりにくくしているケースすらあります。

実際に探偵に依頼したことがない方にとっては、承知の上ならともかく、想定外の高額費用を請求されてしまうのは避けたいところでしょう。

  • ホームページで謳っている料金と違うのではないか?
  • 自分のケースでどれくらい費用がかかるのかがわからない
  • 経費がよくわからない

ここでは、できるだけこのような疑問にお答えしていきたいと思います。

探偵料金・費用の仕組み

まず、探偵の調査は大きくわけて3つのケースに分かれ、それぞれ料金の仕組みが異なります。

  1. 尾行・張り込み調査
  2. 聞き込み・人探し等の調査
  3. 身辺調査・信用調査等

また、全ての調査料金は探偵事務所や興信所によって違いがみられるため、あくまで目安としてお考え下さい。

1.尾行・張り込み調査

もっともわかりにくいのは、対象者を尾行・張り込みによって調べる調査料金ではないでしょうか。

一番需要のある浮気調査や素行調査の料金・費用はこれらの料金制・経費が適用されます。

①時間料金

時間料金とは「1時間〇千円」等のように、その日の調査時間で料金が決まる仕組みです。
例えば5時間の調査を行うと、5時間分の料金がかかります。

気を付けていただきたいのは、ほとんどの探偵・興信所が調査員1名の料金を記載していることです。尾行・張り込みを調査員2名で行われるのが一般的ですので、実際は調査員2名分の費用がかかります。

また、1時間での契約はできず、最低でも3~4時間からの契約となるケースが一般的です。
契約時間を過ぎて延長するかどうかをご依頼者が当日の調査状況で判断でき、無駄な調査を行わずにすむのは大きなメリットと言えるでしょう。

当社はこの時間料金を採用しております。

②定額料金

定額料金とは、主に8時間以上のまとまった時間を契約することにより、1時間単価を安くできるメリットのある仕組みです。

デメリットは、当日の調査状況の判断から契約した時間より早く打ち切ったとしても、余った時間分の返金はされないことです。
1時間単価が安くてお得と思っても、対象者の動き次第で逆に損になる可能性もあります。

また、延長の仕組みを事前に確認された方が宜しいです。1時間単位の延長ができず、もう一度定額契約での延長を要求される悪質なケースがあります。
8時間定額契約の場合なら、さらに8時間の延長をすることになるということです。

③パック料金

パック料金とは、数十時間のまとまった調査時間を契約し、決められた期限内に自由に調査時間を使える契約です。
定額料金と同じように1時間単価を安くできるメリットもあります。
例えば、今日は5時間、明日は6時間というような使い方ができます。

デメリットとしては、1時間等の短時間での消費ができないケースがあることと、決められた期限が1週間など短期間のケースがある点です。

この場合、上手く調整ができないと調査状況によっては期限までに調査時間を余らせてしまうことが危惧され、余らせた時間は損となってしまいます。

2.聞き込み・人探し等の調査

聞き込みで情報を得る調査や人探し調査の場合、主に「成功報酬制」「着手金+成功報酬制」となります。

成功報酬制の場合は、結果が得られた場合は料金を払う必要はありませんが、「着手金+成功報酬制」の場合は結果が得られなくとも着手金を払う必要があります。

これは人探し等に見られる料金制であり、比較的長期間の調査員の実働があるためです。この場合の着手金は調査期間にもよりますが、一般的には20~30万円といったところです。

3.身辺調査・信用調査等

身辺調査や信用調査系はどの程度調べるかによって料金が変わりますが、一般的には30万円前後程度となります。

調べる項目を減らすか、増やすかで増減するイメージです。

経費について

探偵業界における経費とは、ご依頼の調査を行う上で調査員が使用した金額の総額となります。

まともな探偵事務所・興信所であれば、全く関係のない金額が計上されることはありません。

(例)

  • 電車、バス、タクシーなどの交通費
  • 車両、バイクのガソリン代
  • 高速道路利用料
  • 施設利用料
  • 宿泊費

一般的には上記のような項目があり、主に交通費となります。

尾行対象者が交通機関を利用して移動すれば、基本的に調査員も同じ交通機関を利用する必要があります。

また、身辺調査、信用調査、人探し等でも交通機関による移動や車両の使用があります。

宿泊や施設利用はあまりないケースですが、御依頼者に事前に許可を得るのが通常です。

意味不明な名目や架空の名目で経費を取ろうとする業者がいるようですのでご注意下さい。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473