Menu メニュー

浮気した男に言ってやりたい、浮気男にガツンと効く言葉!

当探偵興信所は浮気調査・不倫調査を行います。

浮気男に効く言葉

イメージフォト01
■彼氏の浮気を止めたい、夫の浮気を何とかしたい。

目の前で「浮気してごめんなさい」と謝る相手に何か言ってやりたい……。
そんな修羅場を迎えたあなたへ、相手に何かガツンと言ってやりたいのなら、こんな言葉はいかがでしょうか?

「別れる」
もし男性があなたのことを本当に好きでちょっとした遊びの気持ちだった、という浮気の場合、一番効くのがこの言葉です。
追加で「浮気するような人なんて嫌い」とか「浮気するようなパートナーなんてありえないよね」というように続けると、反省を促して二度としないという気持ちにさせるのではないでしょうか。
ただしこの言葉には注意点も。
もし男性があなたに不満があって浮気をしているようなら、その言葉を聞いて「じゃあ別れよう、もういいや」となってしまう可能性もあるのです。
男性が自分のことを好きで、しっかり気持ちはつながっているけれど浮気したという場合にのみ有効ですよ。

「いいじゃない、好きにすれば」
浮気が発覚したときにあなたが泣いて怒って嫌がるのではなく、無関心を貫くような言葉です。
男性を突き放すので、あなたのことが好きなパートナーからすればかなりショックな言葉でもあります。
好きにすれば、というのはそもそももうあなたには無関心だと遠回しに伝えることにもなるのです。
心が離れている、とアピールする子tもできますよ。
ただし、こちらも男性が浮気性な場合は「ああ、好きにしていいんだ。
それでもこの人は別れないんだ」と曲がった方向に解釈する場合もあるようです。
このため、本当に好きにし始めるかもしれません。

「信じていたのに……」
涙に弱い男性の場合、裏切られたことがショックだという感情的なところを伝えると効く場合があります。
相手のことが好きなので、傷つけたことを知ると自分まで悲しくなるし、二度とやらないという気持ちになります。
この言葉を使う場合、できれば泣きながらがいいでしょう。
より説得力も出ますし、男性に反省を促したり、二度とするまいという気持ちにさせたりすることができます。

「嘘だよね? そんなことしないよね?」
相手を信頼している、信用している気持ちが強いなら、最初に使いたいのがこの言葉です。
相手が裏切ったと知っていてもそれを信頼するのですから、男性からすると罪悪感がとても強くなります。
そして、浮気した事実がなくても、相手の気持ちを信じることができるキーワードでもあります。
この言葉はあえて笑顔で言うのがポイント。
相手を信じているのだから、もちろん当たり前に否定する言葉を出して欲しいもの。
当然ですが、相手から「そんなことないよ」という言葉を引き出すための言葉なので、あえて知っていても信頼するフリをするのが大事なポイントでしょう。

「私は信じているからね。愛しているからね」
相手が謝罪して許して欲しいと伝えてきた場合、そしてそれをあなたが許すのであれば、きちんと伝えたい言葉です。
相手に対して信頼している、愛情がまだあると伝えることがとても大事ですね。
許した時点で終わりではなく、これから先も気にし続けるから、という気持ちを伝えることもできます。
この場合はもちろん2人の関係を続けたい人向けです。
また、何を言ってもどうしても浮気を認めない男性へ向ける言葉でもあります。
基本的にそういうことがない、あるいは許したのだから気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。
ただ、こういう言葉をぶつけてやっても、浮気性な男性はケロッとしている人もいます。
男性にとっては本能だという言い訳や開き直りをした場合、しっかり言いたいことは言ってやりましょう。
謝罪してきたら、今後自分がどうしたいのかをしっかり考えて、その気持ちを伝えてください。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473