Menu メニュー

浮気調査されてる

浮気調査をされていると感じる瞬間

浮気調査されてると気づいた方と気づかれた方

イメージフォト01

浮気をしていると、どうしてもバレないようにという意識が働き、周りの目が気になるものです。
浮気の証拠を掴むのはなかなか素人には難しいため、もし妻が夫の浮気を疑った場合、探偵社や興信所などに頼んで証拠を掴んでもらおうとします。
とはいうものの、日本には探偵になるための勉強をしたり、知識や技術のノウハウを習得したりするようなものは一切なく、資格もありません。
そのため、興信所や探偵社によっては、明らかに尾行されていることを対象者に知られてしまうお粗末な探偵もいるのです。
そのため、浮気をしていることを妻にバレないように気を付けている夫だと、誰かに見られていることに気づいたり、尾行されたりしていることに気づくケースが少なくありません。
その結果、これは浮気調査されてるなと勘づいてしまうことが意外と良くあります。

しょっちゅう浮気をしている男性は妻にバレないように気を付けていることもあって、尾行されていることに気づいたときから探偵をまくことを考えます。
探偵にとって最も大変なのは、人通りの多いところに行かれ人込みに紛れてしまわれることです。
探偵側としても浮気調査のために尾行していたことを気づかれたと認めないわけにはいかず、上司に報告しなければならない羽目になることでしょう。
これを受けて、人員がいる場合にはまた違う人物が尾行することになります。
どれだけ顔を見られているかはわかりませんが、だいたいの背格好などは見られてしまっている可能性が高いからです。

交代要員がいるならあえて黙っていることも

浮気調査の証拠を掴むにはある程度の時間が必要になりますので、依頼主である浮気を疑っている妻に対して、探偵社がどの程度報告するかは交代要員がいるかどうかによります。

もし、尾行していることがバレた探偵以外にも人員がいる場合には、あえて気づかれたことは黙っておくケースが多いと考えられます。

それというのも、尾行に失敗して浮気調査されてることに気づかれましたと言おうものなら、できるだけ普通にしていてくださいということが多い調査途中で、妻がどんな行動を起こすかわからないからです。

依頼する側にとっては、探偵の実力を見極めてからどこに依頼するかを決めるということが重要になってきます。

様子が変わったら探偵社に確認しよう

浮気調査を依頼した後、しばらくはこれまでと同じような行動を取っていた夫が急に早く帰ってきたり、休日にも家にいたりするようになったら、依頼主である妻は一度探偵社に問い合わせた方がいいでしょう。

急に浮気をしているような様子が鳴りを潜めたと言えば、探偵社の方から、実は浮気調査されてると勘づかれてしまいましたと白状してくるかもしれないからです。

こうなると気づかれる前にかかった費用は、探偵社のミスによって不首尾に終わったことになりますので、その分の料金をどうすべきかを改めて相談することが大事になってきます。

浮気調査は浮気している限り始まる

浮気調査されてると勘づいたときは、しばらく浮気をしている様子を見せないようにしていた夫もほとぼりが冷めて尾行されているような感じがなくなれば、また浮気を始めるでしょう。

そうなったときは今度は別の探偵社を探し、実績を調べ上げたうえで確実に証拠を掴んでくれる探偵がいるかどうかを確認し、浮気調査を再開する必要があると言えます。

実際のところ頼んでみないとわからない探偵社の実力は、時に浮気調査されてると気づかれる可能性があることを考慮しつつ依頼することが大事です。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473