Menu メニュー

探偵に自己調査を依頼

どんな目的で自己調査がされるのか

自己調査とは

イメージフォト01

探偵事務所に自己調査を依頼される方がたまにおられます。

どういった事を目的とした調査が自己調査とされるのか?

まず挙げられるのが、嫌がらせやストーカーなどの自分の身の回りに起こっている不審者からの嫌がらせ行為の実態を暴き出す為の身辺調査で「ストーカー調査」等とも呼ばれています。

この不審者については元恋人や元配偶者というケースが一番多く考えられますが、友人、知人と言った顔見知りの人から全く面識のない人が加害者であったというケースもあります。

この調査においては被害者である依頼人と綿密に計画を立て、外出する際に探偵が周辺を警戒し付きまといや待ち伏せしてくるストーカーを特定したり、自宅などに嫌がらせ行為をしてくる人を張り込み、特定していきます。

当然、この自己調査では依頼人からの協力が絶対的に必要となってきます。方法としては御依頼者本人を尾行していく事になりますので自己調査とも表現するのです。

通常は依頼人を離れた位置で尾行していき、近辺においてストーカーや嫌がらせなどの実態を特定していくのですが、時にはストーカーに対して「あの人です」と加害者を特定して貰う場合もあります。

その時点でストーカーしている人物に対して調査対象を変更してストーカーの実態やその人物を特定するために居住先などを調べ上げていきます。

このストーカー調査ではストーカーの実態を掌握し写真や映像として残し警察などへの司法機関に提出する証拠を提供するのです。

同様に汚物の投げ込み、いたずら書きなどの嫌がらせ行為に対して依頼人である被害者周辺で隠れ、その実態を暴き、犯人を特定していき、証拠を押さえていきます。

このような自己調査では証拠が絶対的に必要となります。その証拠を掴み出すことに秀でているのが当探偵事務所なのです。

またストーカー関連の自己調査とは別の自己調査もあります。

これはごくまれなのですが、自分自身が周辺からどのような人に見られているかを知りたいという事を目的としており、自分に対する勤務先からの評価や近隣住人からの評価を調べて欲しいという内容です。

いわゆるネット上における「エゴサーチ」と考えて頂ければ良いのですが、この聞き込みは完全に生の声になりますので「リアル」感はネットとは比べようもありません。

気になる人の多くは就職や転職、または結婚を控えている人なのでしょう。

正直、「今更」とも思えるのですが意外にも人からの評価を気にする人は多く存在致します。

結果として本人にしてみれば第三者からの評価を聞くことで自分を見つめ直す良い機会でもあるのかもしれません。

過去の例としては多少、自信を持っていたのでしょうが、自宅近隣からは愛想がなく、挨拶も出来ないなど比較的に批判する声が聞かれ、更には付き合っている彼女も良く来るのですが、たまに口喧嘩してお互いに大声になり、その印象からか粗暴性があるのではとの声も聞かれた次第です。

その依頼人にしてみれば「目から鱗」だったのかもしれません。

そして交流がなくても意外にも近隣はいろいろとよく見ていることを知ったのだそうです。

また中には多少、ノイローゼにかかっている人も自己調査を依頼する人がいます。

ただこの人たちの依頼には充分にご相談時点で依頼を請けるか請けないかを決断しなくてはなりません。あとあと問題が多く発展するのです。

一例としては買い物に行くとその行き先々の店舗や近所の人が悪口を言っているので「私に対してどの人がどのような悪口を言っているかを調べて欲しい」という依頼もある程です。

依頼を真に受けて近隣店舗などに聞き込み、その会話も録音するのですが全く誹謗、中傷する声は聞かれません。

すると録音を聞かせても「そんな事はない。みんな、私が買い物に行くと顔を見ながらこそこそと悪口を言っている。きちんと調査をしていないかお店の人たちとグルになって芝居をしたのを録音したのでしょう。こんなの調査ではない。だから調査料金は払えない」と一方的にまくし立てて帰る人もいる位です。

この自分自身の風評に対する自己調査ではノイローゼの方を見極めなければなりません。安易に受けてしまいますと探偵事務所にも被害が及ぶ場合もあるのです。

当探偵事務所ではご契約時に状況などをきちんとお伺いして調査委任契約を交わさせて頂きます。

やはり自己調査ではストーカー被害者による御依頼が重要となってきます。ストーカー調査なと自己調査については実績、経験の多い当探偵事務所をご指名下さい。きっとお役に立てると思っております。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473