Menu メニュー

浮気(不倫)の定義や離婚の時代による変化

浮気・不倫の定義や離婚の時代による変化についてご説明いたします。

浮気(不倫)の定義と離婚

イメージフォト01
浮気(不倫)の定義とは「婚姻中の男女どちらかの配偶者が配偶者以外の男性又は女性と性交渉を持つこと」です。

浮気・不倫を認定するためには反復して行っている事実を確認したほうが良いですが、1回でも浮気を認められて「離婚」や「損害賠償(慰謝料)」の請求を起こせる場合もあります。

民法では「配偶者以外の者と性的交渉を持ってはならない」と定められており、違反した場合、民法第770条により罰せられます。

第770条(裁判上の離婚)
1.夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

普通、夫婦のうち夫が他の女性と性交渉を持ったとして、疑念を抱いた妻は独自に証拠収集をするが、弁護士または探偵事務所に依頼して「動かぬ証拠」を得ます。

或る方は離婚に走り、また或る方は離婚を避け、一定のペナルティを夫または相手女性に科すことで、夫婦関係の継続を図ります。

浮気や離婚の考え方の時代による変化

昭和の初めから戦後数十年は、仮に夫の浮気を知っても妻が耐えることになる傾向がありました。

妻が浮気に耐えていた理由

  • ①世間体を気にしたため。
  • ②親族や周囲の人たちに説得されたため。
  • ③幼子を抱えて夫のいない生活に不安があったため。

  • 上記のような理由で、調査をして動かぬ証拠が掴めても離婚に至るケースは決して多くはありませんでした。

    また、当時は「離婚7年」などと言われ、離婚の裁判は長期化する傾向もありましたが、女性の社会進出が進み、生活力をつけた女性は我慢することをせず、裏切られた、失望した、という意識が強く、さっさと「離婚」を決める人が多くなりました。

    「そんなに簡単に決断せずに様子を見ましょう」「そのうちご主人の熱が冷めて戻ってくるかもしれないでしょう?」などと、 性急な離婚を思いとどまるように説得したとしても、聞く耳を持たずに勢いで離婚するケースも多いです。

    自分以外の女性とみだらな関係を持った夫に対し「汚らわしい」と思う気持ちはもちろん理解できますし、「二夫にまみえず」という大昔の教えも思い浮かびます。

    昔の婦人はひとたび結婚をしたら貞操を守り、夫の没後他の男性と親しく付き合うことを是としませんでした。その結果、戦後の世の中に未亡人が溢れたのでしょう。

    近年は一定の婚姻期間を経て離婚した場合、別れた夫の年金の半分(実際には30パーセントぐらいのようですが)を受給できる法律も出来、本当のところ些か飽きてきた夫が浮気をしてくれて「ちょうど良かった」とほくそ笑む妻もいるようです。

    知らぬは夫ばかりなり。晴れて独り身になった妻は蝶々のように人生を謳歌しているのかもしれません。

    妻の浮気・不倫が増加

    最近の傾向として、探偵事務所に駆け込む男性が増加しているのも事実です。

    強くなった女性(もしくは男が弱くなった?)が心のおもむくままに浮気に走る傾向が多く見られます。そして肉体や心理の構造上、女性は浮気相手の男に執着する傾向が強く「火遊び」では終われないようです。

    したがって、妻の浮気は「離婚」に至る場合が夫のそれに比べ格段に高くなります。

    浮気が発覚して、仮に夫が許し、妻も自分の軽率な行為を悔い、家庭に戻って夫婦生活をやり直そうとしても、あまりうまくいかない。 夜、寝室でいざ。となった時、夫は妻の向こうに勝手に浮気相手の顔を見てしまい、不如意に終わってしまうことがあるらしいのです。

    実際に行った妻に対する浮気調査の後日談ですが・・・妻を深く愛していた依頼人の夫は、妻とじっくり話し合いやり直そうとしました。

    「いやあ、実はですね。夜の営みが上手くいかないんですよ。どうしてもあいつのことを思い出してしまって」

    穏やかな依頼人はそう言って嘆いていました。

    逆のケースでは、夫は包容力のある人で心から妻を許し、夫婦生活も以前のように戻ったかに思えたある日の夜、妻が突然泣き出し、

    「貴方ごめんなさい。私やっぱり出来ない」と言われたそうです。

    このような女性は一旦、夫以外の男性を知ったら容易に後戻りできないのかもしれません。前述の夫婦同様、二組のカップルはそれぞれの傷を抱えながら離婚しました。

    浮気・不倫はおすすめできません

    浮気・不倫は法律的には決して勧められない行為であり、「自分は巧妙に浮気している。絶対にばれない自身がある」という方には忠告をさせていただきます。

    配偶者にばれない浮気は絶対にありません。なぜならば、浮気相手にしている人があなたの配偶者と同性であるからです。

    必ず配偶者に知れて大やけどします。ましてや、世の中に「探偵」がいる限り。

    お問い合わせはこちら
    お問合せフリーダイヤル 0120-010-473