Menu メニュー

浮気調査 アプリ

浮気調査で使えるアプリとは

浮気に必須アイテムといえばスマートフォン

考える女性

気軽に相手とメッセージが送り合えるうえに、短文のやり取りやスタンプであっという間に連絡が取れることから、今やスマートフォンでのコミュニケーションは現代人にとって欠かせない日常となりました。

そんな簡単に連絡が取れる無料アプリは、こまめにメッセージを送信し合うことから頻繁に見る必要があります。

これまで特に無料通話アプリで連絡を取り合う相手もいなかったという夫がやたらとスマートフォンを持ち歩き、何度もメッセージを確認しているとなれば、これは浮気を疑っても仕方ないでしょう。

浮気をしているかどうかの証拠はスマートフォンの中に入っていますが、ロックされているのが普通ですので、妻といえどもそう簡単に見ることはできません。

夫婦間でも相手の携帯電話の着信履歴やメッセージのやり取りを勝手に見るのはマナー違反ですし、場合によっては刑罰に該当するケースもあります。

証拠を掴むために使えるスマホアプリ

浮気していそうなのは確実なのだけれど、どうしても証拠が掴めないというときに、浮気調査に使えるアプリを利用するという手があります。

代表的なものとしては、今どこにいるのかという位置情報の取得ができるアプリや追跡機能として広く知られているGPS機能のアプリとなるでしょう。

通話記録やメッセージのやり取り、電話帳の閲覧記録などのアプリを見ることができれば、より確実に浮気相手を特定できます。

GPS機能によってラブホテルへ入ったことがわかる場合やいつどこにいたのかを特定できれば、かなり追い込むことができるでしょう。

さらに、カメラを起動させ、動画の閲覧などで特定できれば動かぬ証拠となります。

問題はアプリのインストール

スマートフォンの本体にGPS機能が最初から付いていて、同じ機種を持っているなら、自分のスマートフォンを起動させることによって、相手が今どこにいるのかの位置情報を手に入れることができるでしょう。

問題は異なる機種の場合で、GPSアプリの利用によって場所の確認ができるとしても、相手側のスマートフォンでの操作が必要なときです。

承諾なくアプリをインストールすると、夫婦間でも不正アクセス禁止法に問われますので、注意が必要です。

インストールを拒んだとしたら、知られたくないことがあると白状しているようなものですが、あの手この手で言い訳してインストールさせてくれないときは、あまりしつこくすると逆に警戒させる可能性があります。

ただ、GPS機能や今どこにいるかのアプリのインストールは、上手に言いくるめると可能なことが多いものです。

お互いに帰りが遅くなったときは心配だから、一緒にわかるようにしておこうよとか、私がいる場所を教えておくから、あなたも私に教えてねといった具合に、まるで浮気に気付いてなどいないように促せば、もしかしたらまったく気付いていなさそうだから大丈夫かなと思って、インストールさせてくれる場合があります。

とりあえず2つは必須

相手が今どこにいるのか、どこに立ち寄ってきたのかがわかる場所情報とGPS機能の2つのアプリをひとまずインストールできれば、これでかなり浮気をしているのではないかを調べることが可能です。

どちらも位置を特定しますので、地図が表示されることから、浮気をしているのであれば必ず利用しないわけにはいかないラブホテルの場所が表示された場合や常に同じ町の同じ場所が表示されるとしたら、そこは浮気相手の住まいである可能性が大です。

これだけでは決定的な証拠にはなりませんが、興信所に調査を依頼するには大きな手掛かりになりますので、調べてもらうときの費用を軽減することにもつながります。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473