Menu メニュー

不倫する嫁とは?

嫁が不倫に走るきっかけについてご説明いたします。

不倫する嫁

不倫する嫁
浮気の調査はたいがいいずれかの配偶者からの依頼で行うことが多い調査となります。夫の浮気は妻から、一方、妻のそれは夫が依頼人となります。
ただ、稀にどちらかの親が依頼してくることがあるのです。勿論、探偵事務所では配偶者以外の依頼からでも整合性さえあればお引き受けします。
但し、友人とか知人の場合には少し厄介な事情が感じられ、やんわりとお断りさせて頂く場合もありますし、最終的に「相談」で終わることも多いのです。

ではなぜ親が調査を依頼にいらっしゃるのか?妻の場合、幼子が居て外出が困難。ということもあるだろうし、娘に泣き付かれて親が代わりに依頼してくる場合もあります。

反対に、夫の親が出てくる場合、根底に嫁と姑の関係が見え隠れしてきます。なんとなく気に入らない嫁の行動に根拠のない疑念を持ってしまったり、また、実際に浮気性の嫁で、夫である息子がそれとなく様子を窺った結果、「どうもおかしい」と感じ、本来ならば自分が探偵事務所に連絡しなければならないのだが、勤務の事情などで仕方なく親に相談した結果ということもあります。 また、経済的な面から裕福な親に頼らざるを得ない場合もあるのです。

いずれにしても、家庭の肝は主婦であるから、ひとたびそのような騒ぎとなれば、間違いなく家庭は崩壊してしまいます。では、妻(嫁)はなぜどのようなきっかけで不倫に走るのか。

  • 1)経済的な事情から働きに出て、職場で親しい男性と出会う。
  • 2)夫が夫婦生活をないがしろにし、欲求不満に陥った結果、他に求める。
  • 3)DVなど、夫との生活を嫌悪した挙句、離婚覚悟で恋人を求めたり、愛人となる。この場合、確信犯であり、夫が浮気を責めればさっさと家を出る。
  • 4)嫁と姑との確執からストレス解消のために不倫に走る。
  • 5) 最近これがかなり多いのですが、経済的な理由の有無に関係なく、趣味と実益を兼ねて交際クラブなどに登録して、不倫に精を出す。

  • 等々が、探偵事務所の調査結果で判明した事例です。

    それでは、妻(嫁)の浮気に対しどのような制裁が加えられるのでしょうか。

    法律的には、夫から慰謝料を請求され離婚を求められるという制裁が最も一般的でしょう。その場合、浮気相手の男性にも類が及び相手男性からも疎まれる結果となることは誰でも推測できる結果だと思います。

    ただ、女性(妻、嫁)の中には、形ばかり用心する振りをしますが「ばれたらばれたでしょうがない」と、腹をくくって不倫をする人もいます。そうなれば、かわいい子供たちも目に入らず、自分の欲望に突っ走ってしまうというケースです。

    こんな奔放な人生がいつまで続くか分からないですが、嫁の浮気沙汰は世間体も悪く、夫側は大きな後遺症として残ってしまいます。

    夫やその両親は妻(嫁)の浮気を疑ったとき、その事実確認が最も先決なのですが、決して騒ぎ立てずにその浮気の原因となる浮気相手の特定も知った上で対処すべきと思われます。 前述のように、風俗関係のアルバイトに行って不特定多数の男を相手にしていることだって無きにしもあらずという現代社会の風潮も大いに懸念されます。

    尻軽な嫁、倫理観の乏しい嫁、金銭欲のため体を売る嫁、いろいろなのですが、いずれも確たる証拠が必要な世の中です。浮気する嫁に対しては当探偵事務所に浮気調査を御依頼ください。

    ※浮気調査の詳細は下記ページをご参考下さい。

    浮気調査について

    浮気調査においては、対象者を尾行して行動を監視、日常状況を把握する事を目的に行います。対象者が配偶者、交際中であれば恋人についての浮気や不倫などの実態をお調べいたします。


    お問い合わせはこちら
    お問合せフリーダイヤル 0120-010-473