Menu メニュー

浮気の言い訳

浮気の言い訳をする際によく使われている言葉

浮気の言い逃れをしていないか注目しましょう

疑う

浮気をしたことがわからないように、言い訳されることがあります。

本命の相手に対し、バレないよう言い逃れをしているときはどんな場合でしょうか。

言い逃れをしていると気付くことで、もしかして別の異性とのお付き合いをしているのではないかと問い詰めることができるでしょう。

最近行動がおかしい、もしかして別の異性とお付き合いがあるのではと感じたときは、言い逃れをしていないか注目してください。

仕事で忙しいと言われる

仕事で忙しいと、言い逃れをするケースがあります。

特に男性に多く、仕事で忙しかったからと答えられることが多いです。

連絡をしてもすぐに返事がない、電話になかなか出てもらえない、帰宅するのが遅いので不安になり、なぜかと理由を聞いた際に仕事があったからと答えられます。

本当に仕事で忙しいケースもあるので、言い逃れしやすい方法です。

仕事があったから、残業をしていたからなどと話をされると、仕事だったら何も言えないと感じるでしょう。

頑張って働いているのであれば何も言えない、疑って申し訳なかったと引き下がる方は多いです。

しかし実際、仕事と言っておけば大丈夫だろうと何度も別の異性と関係を持っているかもしれません。

何度もデートの約束を破られた場合や帰宅が遅い日が続く場合は疑ったほうがよいでしょう。

電話の調子がおかしい、電波の状況が悪いと言われる

電話がつながらない、メールを送っても返事がない場合、もしかして別の異性と会っているのではないかと不安になります。

その旨、彼や彼女に話をすると電話の調子がおかしかったからと言い逃れをするケースがあります。

電波が悪かったから、電話の調子がおかしくて出ようと思ったら切れたなど、言い逃れしていないか注意しましょう。

しかし実際、別の異性とデート中に本命から電話やメールがあり慌てて電源を切るケースがあります。

電話をしたときに、いつもコール音はなるものの途中で切れる、コール音がならずに留守番電話サービスにつながる場合は怪しいと疑ってもよいでしょう。

電話をしてもコール音がなるばかりで応答がない場合、職場に電話を忘れてきたと言い逃れする方もいます。

いつもズボンのポケットに入れているのに、電話を鳴らすとすぐに出てくれたのにという場合も、別の異性とデート中で電話に出なかった可能性があります。

地下やエレベーター内で、電波状況が悪く電話がつながらないこともあります。

しかし最近、地下やエレベーター内でも電波状況がよくなってきました。

電話の調子が悪くて、電話の電波が悪くてと繰り返し言われるときは怪しいです。

体調が悪いと断わられる

デートの約束をしていたのに、最近断られることが多いという場合に浮気を疑うでしょう。

なぜ断ったか理由を聞くと、体調が悪かったからと言われることがあります。

熱が出たから、体がだるくて動かないと言われると心配になります。

本命の彼や彼女が一人暮らしで、誰も看病をする人がいなければ家まで看病しに行こうかと話をするかもしれません。

しかし、看病にきてもらうと風邪をうつしてしまうからとまた断られてしまいます。

体調が悪いときは、電話やメールも控えなくてはいけないと考えるでしょう。

そのため別の異性とデートをするときに、言い訳に使いやすいです。

最近仕事が忙しくて、よく体調を崩すなどと言い訳する方もいます。

デートの約束を断られるだけではなく、電話やメールに対応できなかったときの言い逃れに使われることもあるので注意しましょう。

実家暮らしで両親がいるため看病に行きづらいなど、正当性が確認できないケースも多く、浮気をするときに有効な方法としてよく使われています。

お問い合わせはこちら
お問合せフリーダイヤル 0120-010-473